TOPページ

太陽光発電について調べていくと色んな事がわかってきました。その中でも大切なのが「パネル値段」と「実発電量」、「施工費用」! 初心者にわかりやすいから、「変換効率」を推してるメーカーが多いですがソコには落とし穴が・・・当サイト管理人のおすすめはもちろんソーラーフロンティアですが、何故そんなに良いのかをお話できればと思っています。

変換効率?? 実発電量で比較すべし!

よくある話をしたいと思います。

施工業者のほうで見積りを持ってきます。そこには太陽光発電のメーカー(サンヨー、京セラ、シャープ、カナディアンソーラー、etc)ごとに、「変換効率」が記載されていて、『このメーカーが変換効率が高くてオススメですよ』と言われ、『電気を売って10年~15年でモトが取れますよ』というかたちで契約してしまい失敗するケースがあります。

※変換効率=太陽のエネルギーをどれだけ効率よく電気に変えられるかというソーラーパネルの能力のこと

変換効率って太陽光発電メーカーが独自に設定した、いわば自己満足の数値にすぎない事がわかってきました!(施工業者の営業マンが営業しやすいですからね。言い方悪くてスミマセンm(_ _)m)

なぜなら、住んでる地域の日照時間や、天気、屋根の傾斜などの条件で実際に発電する量が異なってくるからなんです!なので本当に大切なのは自分の自宅での「実発電量」。これにつきると思います。太陽光発電を設置するときは変換効率ではなく、実発電量を見るのが大切なポイントになってきます!

私も全てのメーカーを見比べてみましたが、変換効率はそれほど優秀ではなくても、実発電量が一番高いのは「ソーラーフロンティア」のCISパネルということがわかってきました!(実発電量を公表してるのもソーラーフロンティアだけです。他社は予想発電量を出しています)

ソーラーフロンティアのパネル価格がコストパフォーマンスNo1

太陽光発電のメーカー(ソーラーフロンティア、サンヨー(パナソニック)、シャープ、三菱電機、京セラ、カナディアンソーラー)の価格を見ていきまして価格はどれが安いんだろう、というのを調べてみました。そうすると次の3つに絞られます。

  • ソーラーフロンティア フラットタイプ(SF150-K) : 1wあたり単価609円
  • シャープ NQ-190AA: 1wあたり単価562円
  • 京セラ KJ165P-3CTCA多結晶シリコン : 1wあたり単価525円

※2012年時点での各メーカーの代表的なソーラーパネルで比較しています

さきほどの実発電量と、パネル価格とを見比べていくと個人的にオススメなのはやはりソーラーフロンティアか京セラかの2択になってきます!詳しい比較はコチラにわかりやすくまとめましたので御覧ください>>

施工業者によって価格が異なる注意点

1番メリットを感じているソーラーフロンティアですが設置するときにどんな流れになるかというと、

というふうに進んでいきます。 ただしココでも注意点があります! それは施工業者によって「施工費用」が大きく異る という事なんです。パネル価格はメーカーによって決められてますから一律です。問題は施工費用。

業者によっては「利益の上乗せ」がメチャクチャ高く設定されていたり、人件費が高かったりと100万円単位で異なってくるケースがあるから国民生活センターでも問題視されています。

太陽光発電は大きな買い物になります。見積りを1社だけから取るのではなく、複数社に依頼をかけることが必須です!生活センターでも推奨しているぐらいですから。

自分が住んでる地域の施工業者5社に一括でカンタンに見積りを依頼できるサービスがあります。「タイナビ」というサービスですが、地域の厳選した優良業者だけに見積りを依頼することができるんです! サービスはすべて無料で、インターネットで5分で完結するからカンタンです。

同時に5社見積りができるから、価格競争が起こって安くなるのが大きなメリットです!
ソーラーフロンティアの見積りもモチロン依頼できるので検討中の方は是非活用されることをオススメします。

お役立ちサイトご紹介

こちらにはお役立ちサイトを紹介していきたいと思います。これから導入する方の役に立てば幸いです。

  • かなり内容の濃いサイトです。太陽光発電初心者のために作成されたサイト。導入前の予備知識として知っておいたほうが良い情報が盛りだくさんです。当サイトではソーラーフロンティアをお勧めしているのは確かですが、他のソーラーパネルも比較したい方や、発電量の比較、各地域の補助金情報なども掲載されているので、ひと通り情報を集めるのにご活用ください。

2012年12月8日

このページの先頭へ